ハスラー値引きの唯一の条件を紹介

ハスラーの値引き

スズキハスラーの値引き額詳細

ハスラー車体価格値引き限界額 ハスラーオプション値引き限界額
9~13万円 2~3万円

 

ハスラー合計限界値引き目安:16万円

SUVテイストの軽自動車で、ただ今人気沸騰中。そのため、納車は数か月後…なんてことも多いようです。アウトドア派のレジャー目的などで活躍することでしょう。

 

人気が高いため、ハスラーの値引き額もやや渋めとなり、10万円程度が限界値引き額となります。オプション値引きを含めても12万~13万円値引きできれば合格点です。

 

ハスラー値引きのポイントは?

 

異資本スズキ同士の競合が基本

 

ハスラーは軽自動車の中でもユニークなデザインをしているため、ライバル車があまりいない状況。なので、異資本スズキディーラー同士の競合が有効です。同じスズキディーラーでも、資本が異なればほとんど別会社なので、競争相手になるのです。

 

ハスラーは現在大人気となっていますが、ディーラーによっては売れ行きがよくない場合も。なので根気よく複数のディーラーを訪れ、商談を重ねて念入りに競合させていくことが重要です。

 

フレアクロスオーバーとの競合も有効

 

ハスラーのOEM供給車「フレアクロスオーバー(マツダ)」との競合も有効です。ただ、ハスラーは売れ行き好調でスズキディーラーも強気なので、「マツダで買っていただいてもいいですよ」なんてことを言われてしまう場合も。

 

一方のフレアクロスオーバーはハスラーに比べて売れ行きがイマイチなので、場合によってはハスラーでは考えられないような値引きをしてもらえることもあり、納車もハスラーよりは早いです。ハスラーとは外見も中身もほとんど同じなので、気にしないならフレアクロスオーバーを値引き購入してしまうのも手です。

 

オプション値引きは土壇場に行う

 

ハスラーの車体価格値引きだけでなく、オプションの値引きも引き出すのが限界値引きの鉄則です。しかし、ハスラーのオプション値引きは難易度が高く、あまり応じてくれない営業マンが多いのも事実。

 

そこで便利なのが、ハスラーの契約前の土壇場に値引きをねじ込む方法です。いよいよ注文書にサインする、というタイミングで

 

「そういえば、ハスラーのラゲッジマットが欲しいんですが、値段が上がっちゃいますかね…?」

 

などと切り出せば、営業マンが「断ったらハスラーの契約がダメになるかも」と感じて、値引きに応じてくれる可能性が上がります。

 

値引き交渉前の下準備が重要!

新車を購入するとき、それまで乗っていた愛車はディーラーに下取りに出すのが普通、と思っている人が多いようです。

 

無意識のうちに、

 

「ディーラーがちゃんとした価格で買い取ってくれる」

 

こんな風に思っていませんか?

 

ですが、ディーラーの下取りにはいろいろな問題があります。ちょっと例を出してみます。

 

 

ハスラーの値引きはこれ以上はちょっと… でも、下取り価格を上げることはできます!通常10万円で下取りしていますが、15万円にしますよ!


 

 

ほんとですか!?


 

 

はい、実質5万円の値引き上乗せです。今決めてもらえれば私の権限で通せます!


 

 

やった~!ぜひお願いします!


 

こんな風に言われると、得した気分になりますよね。なんだかハスラーの値引きが大成功した気持ちになります。

 

ところが、営業マンは心の中ではこんな風に思っています。

 

 

(本当の相場価格は40万円なんだけどね~。15万円で買えるなら大儲けだな~)


 

つまり、下取り車の価値を知らない人に下取り価格のアップをふっかけて、ハスラーの値引きがうまくいったように錯覚させているんです。でもこれは値引きでもなんでもなく、おまけに相場よりずっと安い価格で愛車を買い取られてしまうので、実際には大損です。

 

この交渉術に惑わされないようにするには、交渉前にあらかじめ愛車の買取相場を知っておく必要があります。

 

そうすれば、こんな風に対応できます。

 

 

下取り価格アップしますよ~実質値引きですよ~


 

 

(相場は40万円だから、全然足りないな)

 

そうですか、でも下取り価格よりは値引きのほうが欲しいですね。それだけ余力が残ってるならオプション値引きを付けられますよね?


 

 

えっ!? ちょ、ちょっと店長に聞いてきます…。


 

買取相場を知っておけば、営業マンに惑わされないだけでなく、交渉を有利に進めることができるんです。

 

では、どうすれば愛車の買取価格が調べられるのでしょうか?

 

そこで利用するのが、無料の自動車一括査定サイトです。

 

車買取査定サイトって何なの?

 

車種や年式、走行距離を入力することで、その車の買取価格を査定してくれるサイトのことです。ガリバーやカーセブンなどの大手買取業者が参加しています。

 

 

ただ単にディーラーに下取りしてしまうよりも10万~25万以上高く売れた!なんてことが頻繁にあるので、ハスラーの値引き交渉前に査定するのが常識なんです。

 

 

車買取査定サイトには複数の中古車買取業者が参加しており、あなたの愛車を査定します。このとき、業者同士で競合が発生するので、買取価格が高騰しやすいんです。

 

かんたん車査定ガイド

車査定サイトはさまざまな種類がありますが、そのなかでは「かんたん車査定ガイド」は作業量が少ないのでおすすめです。作業時間は約30秒で済み、車査定サイトのなかではトップクラスにかんたんです。中古車買取業者の大手のみで編成されているJADRI(日本自動車流通研究所)の運営なので安心感もあります。

 

 

使い方は↑の画像のように入力フォームに記入して見積りボタンをクリックするだけです。

 

 

↑の画像例のとおり、査定が完了すると暫定の買取価格が即時表示されます。そのため、愛車の買取価格をすぐに把握することができます。

 

かんたん査定の公式サイトはこちらで利用できます。
http://a-satei.com/

 

車査定サイトによって、参加している買取業者は異なります。そのため、複数の車査定サイトで査定を行うことで、さらに高額売却額を手にする可能性が上がります。時間に余裕があるなら査定を行っておきましょう。

 

 

ズバット車買取比較

 

全国150社以上の買取業者が参加している車査定サイトです。地域や車種によって最大10社の業者を選別して見積りするため、高額査定が出やすい特徴があります。作業時間は1分程度です。

 

公式サイトはこちらです
http://www.zba.jp/

 

 

カーセンサー

 

自動車情報サイトや雑誌などでもおなじみの「カーセンサー」が運営している車査定サイトです。入力項目は若干多めですが、数分で完了します。最大30社から一括査定できるため、高額見積りが出やすくなります。

 

公式サイトはこちらです
http://www.carsensor.net/

 

査定後の流れは?

 

一括見積りを行うと、車査定サイトに参加している業者から愛車の査定価格がメールなどで連絡されてきます。あとは、高額査定を出した業者に連絡し、無料出張査定をしてもらいます。実際に車を見てもらって、正式な買取金額を決定するのです。

 

はじめの査定では抑え目の金額を出す業者が多く、出張査定で実際に車を見た後でさらに高額査定を出す業者が多いので、無料出張は頼んでおいたほうがいいです。

 

査定のタイミングはいつがいいの?

 

「別に見積りするのはいつでもいいでしょ?」と思われるかもしれませんが、査定はできるだけ早い方がいいです。

 

理由その1 ハスラー値引き交渉のための武器として使う

 

先ほど書いたとおり、愛車の価値を知らないままでいると、営業マンに下取り価格アップのテクニックで契約に持ち込まれてしまう可能性があります。いろいろと値引き情報を調べていると、「自分は大丈夫」「営業マンも大したことないな」と考えがちになりますが、営業マンは営業のプロです。スゴ腕の営業マンにあの手この手でやりこめられる可能性もあります。

 

なので、そうならないためにも、最低限今の車の価値はなるべく早く知っておく必要があるんです。

 

理由その2 後から下取りナシにするのは難しい

 

 

見積りを後回しにして、注文書にサインしてしまうと、後からとても困ったことになる場合があります。

 

というのも、もし下取りアリの注文書にサインしてしまうと、今乗っている車の所有権が自分とディーラーで半々になってしまうのです。そうなると、下取りナシに変更するためにはディーラーの許可を得なければならなくなり、大変な手間がかかります。最悪、ディーラーとの関係が悪くなる可能性もあり、今後付き合っていくうえで不利になってしまいます。

 

「注文書にサインした後、中古車買取業者の方が30万円も高く買い取ってくれることがわかった!」

 

なんてことのないように、なるべく早く査定しておきましょう。

 

愛車を手放すタイミングはどうなる?

 

査定を行い、出張見積りで価格が決定したら、基本的にはそのまま売却となることが多いです。

 

ですが、ハスラーは納車まで数カ月待ちになることがあるので、すぐに愛車を売ってしまうと車がない状態になってしまいます。

 

そこで、便利な方法が二つあります。

 

タイミングをずらして査定を2回行う

 

愛車の買取価格はハスラーの商談前になるべく早く取っておく必要があります。なので、まず愛車の車査定サイトで一括査定を行ないます。ですが、売ると車がなくなってしまうので、この時点では何もしないようにします。

 

次に、ハスラーの商談が完了し、納車日が決まったら、納車日の2週間くらい前にもう一回車査定を行います。ここでは、高額査定を出した業者に連絡をし、出張査定をさせて買取金額を決定し、実際に売却をします。

 

この流れであれば、スムーズにハスラーを買うことができます。

 

愛車の売却を待ってもらうよう交渉する

 

納車日が先なので、それまで売却を待ってほしいといえば聞いてくれる場合はあります。また、それができなくても、納車日まで代車を出してくれる業者がほとんどです。なので、通常は車がない状態になることはありません。

 

また、代車も出せないようであれば、第2位の業者に連絡して同じように交渉すれば大丈夫です。

 

なお、代車を借りる場合は保険関係・故障関係の詳細については聞いておきましょう。

 

ポイント1の方法が基本的には簡単です。納車日まで予想外に近い場合は、ポイント2の方法でもよいでしょう。

 

年式や走行距離がよくわからないときは

 

車査定サイトでは車種や年式、走行距離を入力しますが、詳しいことがわからない、ということもあるでしょう。

 

そんなときは、なんとなくで構いません。最低限車種さえ合っていれば、おおまかな買取価格を提示してもらうことが可能です。

 

正式な買取価格は、実際に業者に車を見てもらったときに決定されるので、査定サイトで入力する段階ではそこまで厳密に考えなくても大丈夫です。

 

故障車・事故車の査定は可能?

 

故障車や事故車の場合、ディーラーへの下取りだとほとんど値段がつかないことが多いです。

 

しかし、車査定サイトの場合はびっくりするような値段がつくことがよくあります。

 

というのも、中古車買取業者は海外への販売ルートをいくつも持っているため、海外では絶対的なブランドである日本車が飛ぶように売れるからです。日本車は部品にも価値があるので、故障車や事故車でもかなりの高額がつくことがあります。

 

なので、「故障しているから…」と諦めてしまわず、とりあえず査定を受けておきましょう。

 

下取りしないとディーラーに嫌われるのでは?

確かに、ディーラーは下取りしてもらうこと前提で値引き交渉に応じているところがあります。なので、はじめから「下取りナシでお願いします!」なんて言ってしまうと、なかなか値引きできません。

 

なので、まずは下取りアリということで商談を行ってください。「一応、下取りアリにするつもりです」といった、多少あいまいな言い方でも大丈夫です。

 

そして、注文書にサインするタイミングで

 

「ハスラーの値引きをがんばってもらったので、やっぱり今乗っている車は友だちに譲ります」

 

などと言えば大丈夫です。営業マンには本当かどうかわかりませんし、何も言えません。

 

なお、正直に「中古車買取業者の方が高いから、やっぱりそちらに売ります」と言っても基本的には問題はありません。買取業者に売却する人もたくさんいるので、ディーラーも重々承知しています。

 

まとめ

 

 

たんに車体価格の値引きをするだけでなく、愛車の買取価格を最大化することが安くハスラーを購入するカギになります。いくら値引きが上手くいっても、愛車の下取り価格が安ければ何も意味がないのです。

 

そのためには、まず愛車の買取価格を調べておき、一番高い価格を付けた業者に売ることが重要となります。

 

 

ハスラー値引きの口コミ・体験談など募集中!

 

当サイトでは、ハスラー値引きに関する口コミや体験談などを募集しております。他にも、ハスラーに乗りたい気持ちやハスラーの乗り心地、思い出など、ハスラーに関することならなんでもOKです!どしどしご投稿ください。

 

※公序良俗に反する内容などは掲載できません。あらかじめご了承ください。