ハスラーのおすすめグレード

ハスラーのグレードを選択しよう

新車を買うときに悩むのがグレード選び。ハスラーは大きく分けて3つのグレードしかありませんが、2WD/4WDの違いやターボのあり/なしなどの組み合わせで細かいグレードが大量にあるので混乱を招きやすいです。しっかりとグレードについて把握し、欲しいグレードを絞り込んでいきましょう。

 

グレード選びをする前に、まずはハスラーのグレードについて整理しましょう。

 

グレード名 価格帯 選択可能項目
A 107~119万円 5MT/CVT、2WD/4WD
G 115~150万円 5MT/CVT、2WD/4WD、ターボ
X 140~166万円 2WD/4WD、ターボ

 

最廉価グレードはナシ

 

最廉価グレードは「A」となります。最安で107万円となり、税抜なら100万円を唯一切るグレードとなるためお手頃に見えますが、評価としては「ナシ」です。

 

というのも、まずAはハスラーの魅力の一つであるカラーバリエーションが貧弱です。カーキやブラウンなどの地味な色しかなく、選択肢が非常に狭いです。ツートンカラールーフも選べないので、魅力は半減といえます。

 

また、「レーダーブレーキサポート」や「エマージェンシストップシグナル」などの安全装備もついていません。最近は安全性能が重視されているので、そういった意味でも安いとはいえ選択する価値はあまりないように思われます。

 

グレード選びにおいては、最廉価のAは「とにかく安く!」という場合以外は最初に選択肢から外して構わないグレードと言えるでしょう。

 

「G」はバランスのよいグレード

 

実質的な最廉価グレードと言えるのが「G」です。このグレードからようやくカラーバリエーションがすべて出そろい、ツートンカラールーフも選択できます。また、2WD/4WD、5MT/CVT、ターボのある/なしも選択できるので、好みに合わせて組み合わせることが可能です。

 

主要装備もおおむね揃っており、エマージェンシーストップシグナルなどの安全機能も搭載。エネチャージが搭載されるのもこのグレードからとなり、燃費性能も若干向上します。

 

Gとそんなに変わらない?最上位の「X」グレード

 

ハスラーの最上位グレードが「X」となります。Gとの主な違いはエクステリア・インテリア周りで、Xにはディスチャージヘッドランプや革巻きステアリングなどが装備され高級感が増します。ただ、走行性能・安全性能にあまり変化はなく、高級感にこだわらないならそれほど選ぶことはなさそうです。

 

また、XグレードにはCVTのラインナップしかないので、5MTが選べません。マニュアルで走行したい場合はGを選ぶしかないでしょう。

 

ただ、Xターボグレードのみ、メーカーオプションでルーフレールを装着することが可能です。荷物をルーフにのせて車内を広く使いたいならXターボモデルが必須となるでしょう。

 

駆動方式やターボはどうする

 

グレードが決まったら、あとはミッションや駆動方式やターボなどを選択します。

 

ミッションはCVTが安定

 

ミッションは5MT/CVTから選択できますが、よほどのことがない限りはCVTがよいでしょう。5MTは車体価格は安くなりますが、エコカー免税ではなく減税となるため支払コストは増えます。そのため価格面での優位性はあまりありません。運転の醍醐味を楽しみたい、という場合のみ、5MTを選ぶとよいと思います。

 

駆動方式は好みで

 

2WD/4WDですが、基本的にはFFの2WDで構わないと思います。燃費性能が高く価格も安いので、コスト面での強さがあります。ただ4WDもハスラーの性能を存分に生かせるという意味では魅力的です。価格差がおよそ13万円程度あるので、その差額を飲み込めるかどうかがポイントとなるでしょう。

 

ターボは付けるのもアリ

 

ターボのある/なしの価格差は10~15万円程度。なのでそれほど大きく価格は上がりません。また燃費性能も大幅に落ちるわけではないので、あってもよい機能ではあります。

 

坂が多い地域に住んでいたり、レジャーで山などにでかける機会が多いならターボを付けるのはアリでしょう。通常軽自動車だとレジャーにでかけるのはためらってしまうこともありますが、せっかくオフロードに強いハスラーを買ったなら、ターボを付けてどこへでもでかけていけるのは魅力的です。

 

ただし、ターボを付けるとS-エネチャージがなくなってハイブリッド扱いではなくなってしまいます。その分燃費性能が落ちて若干燃料代がかさむほか、エコカー減税が弱くなりコスト増となるので、予算に余裕がない場合は避けたほうがいいかもしれません。

 

各グレードのメーカーオプションについて

 

グレードを決めたら、メーカーオプションを付けるかどうか考えることになります。

 

ハスラーはメーカーオプションは少ない方ですが、検討した方がいいメーカーオプションがいくつかあるので解説していきます。まずは比較表をご覧ください。

 

オプション名
2トーンルーフ ×
ルーフレール × ×
バックアイカメラ ×
ステアリングオーディオスイッチ ×

 

2トーンルーフ

 

最近流行の2トーンルーフ(ボディとルーフで色が異なる)は実はメーカーオプションとなります。A以外のグレードであれば設定することができるので、オシャレなカラーリングをしたい場合は追加を頼みましょう。

 

ルーフレール

 

屋根に付いているレールで荷物を固定したいときに必要となります。これはグレードXのみ対応となり、他のグレードでは設定できません。アウトドアなどをする機会が多くなりそうなら、グレードXを選ぶ必要があるでしょう。

 

バックアイカメラ

 

走行中に後ろを撮影するバックアイカメラもメーカーオプション指定となります。ただ、これに関しては純正品は価格が高いので、安い他メーカー製を後から付けるというのも手です。

 

ステアリングオーディオスイッチ

 

再生中の曲を手元で操作できるオプションです。ナビを触って操作すると目線をそらす危険性があるので、運転に慣れていないなら付けてもいい機能でしょう。

 

 

 

まず第一に、グレードAはメーカーオプションが一切ありません。そのため2トーンルーフの設定はできませんし、バックアイカメラもありません。いずれかのメーカーオプションを考えているなら、やはりグレードAはナシということになります。

 

ベストグレードはG

 

以上を考慮すると、ベストグレードは「G(FF/CVT)」となるでしょう。価格は127万円でハスラーのなかでは中くらいの価格となり、それなりにお手頃ですし、Sエネチャージで燃費性能32.0km/リットルとなるので購入後もオサイフにも優しい仕様となっています。また、カラーバリエーションも豊富でハスラーならではのおしゃれなパステルカラーを選ぶこともできます。

 

もっと豪華仕様にしたいときはXのグレード、坂道もすいすい走りたいときはターボを付けるなどして、買い分けするとよいでしょう。

 

ハスラー各グレードお買い得情報

 

 

ハスラーのグレードを検討されているのであれば、新車の購入を予定されているのだと思います。ただ、最近の軽自動車は100万円を超えるものが多く、コンパクトカーと同じくらいの価格のものも多いです。ハスラーも、価格によりますが105万円~150万円程度かかり、安い買い物ではありません。しかも、軽自動車は値引き率が低く、交渉に時間もかかるので格安購入には手間もスキルも必要です。

 

そこで活用したいのが、ハスラーの未使用車、新古車となります。

 

未使用ハスラーであれば、車体も保証面も新車と同等となるほか、新車よりもグッと安く購入できます。

 

ハスラーJスタイルII 2WD/CVT 新車

車体本体価格

重量税+取得税

合計

 

1,567,400円

0円

1,567,400円

ハスラーJスタイルII 2WD/CVT 未使用車

車体本体価格

重量税+取得税

合計

1,278,000円

0円

1,278,000円

※差額は29万円!

 

↑は例としてハスラーのJスタイルIIグレードの新車・未使用車の価格比較となります。

 

未使用ハスラーは車体価格がかなり安く抑えられており、30万円近い差額が発生しています。しかもナンバー取得の際に重量税や取得税の支払いが済んでいるのでこちらの負担はありません。この例では新車もエコカー免税となりますが、Aグレードなどの場合はさらに1万円以上オトクになります。これは具体例の一つではありますが、ほとんどの場合は30~35万円程度安くなるケースが多くなります。

 

「JスタイルIIグレードは高いな~」とか、「4WDにしたいけど予算が足りないな・・・」というときでも、未使用車なら予算内で購入できる可能性が高いのです。

 

ハスラーの未使用車ってどこで購入できる?

 

未使用車・新古車はディーラーや自動車ショップで販売されていますが、全国各地に拡散しているので「地元のお店で探す」というのはなかなか難しいです。なのでネットのサービスを使って探すのが現実的でしょう。

 

ただし、気をつけてほしい点が1つあります。というのも、未使用車の大半はネット上では「非公開」となっています。 これには理由があって、販売店が未使用車の情報を自動車検索サイトに登録して、それが公開されるまでに、ある程度時間がかかるからです。当然その時間の間は非公開となります。しかも、未使用車は公開されたらすぐに売れていってしまうので、公開中の未使用車というのはかなり少ないのです。実際、検索サービスで公開中の数倍の数の非公開車があると言われています。

 

そのため、ネットを利用して希望通りの未使用ハスラーを探すのであれば、非公開車両に対応しているサービスを利用するのが鉄則です。

 

おすすめのサービスはこちら!

 

非公開の未使用車を探すなら「なびくる+」という無料サービスが便利です。このサービスは中古車検索サービスとは違い、こちらで条件を指定するだけで、条件に合ったクルマを紹介してもらえます。

 

年間60万台もの在庫情報があるので、最適のグレードやボディカラーの未使用車をかんたんに見つけることができます。

 

 

↑の図は依頼画面の例ですが、使い方は簡単です。まず「年式」のところを今年度に設定し、あとは「備考欄」に「未使用車希望」「グレードは○○希望」「メーカーオプションの○○希望」「予算は○○まで」などの希望を書いておけばいいのです。

 

あとは、提案されたハスラーから希望に合ったものを選べばいいだけです。

 

非公開車両なしで未使用車を探すのはとてももったいないです。なので、一度は利用したほうがいいでしょう。

 

ちなみに、中古車のハスラーも充実しています。走行距離1万キロ以内でキズもなく、新車価格よりも40万円近く安いハスラーなどもあったりしますので、予算が限られているなら中古車の紹介を受けてみるのも良いと思います。

 

なびくる+の公式サイトはこちらです
https://a-navikuru.com/sale

 

未使用ハスラーが出回る理由は?

 

軽自動車は販売台数の競争が非常に激しく、スズキもハスラーの販売台数アップに力を入れています。なので、ディーラーにプレッシャーをかけ、ノルマを設定して達成時に数百万円もの報酬を支払っています。ディーラーも報酬が欲しいので必死でハスラーを売っていますが、ノルマが達成できないこともあります。そんなときに、ディーラー自身で購入してノルマを達成してしまうのです。自腹を切っても構わないほど、ノルマ達成報酬がおいしいということです。

 

ディーラーが自腹で買ったクルマは新車販売ができないので、市場に「未使用車」として安い価格で流すことになります。

 

保証面などはどうなの?

 

未使用車といっても、新車とはちがうのでは?という疑問があると思いますので、解説していきます。まず車体についてですが、ほとんどの未使用車は2~10kmほど走行距離があります。ただ、新車も最終検査で数キロは必ず走行するので、走行距離ゼロでの納車はありえません。なので、車体としては新車との間に違いはありません。

 

次に気になるのが保証面だと思いますが、ハスラーに限らず、国産車にはもれなく新車登録から3年間のメーカー保証が付いてきます。なので、ハスラーの未使用車を購入した際は、近くのスズキディーラーに行って申請することで、新車と同じく3年間のメーカー保証が受けられます。

 

デメリットはないのですか?

 

もちろん、デメリットもあります。まず第一に、完成品となるのでグレードやボディカラーの変更は不可能です。第二に、「メーカーオプション」を追加することもできません。なので、「やっぱりバックカメラを追加したい」というのは無理ということになります。

 

※フロアマットなど、「ディーラーオプション」については、ディーラーに行って申し込めば後から追加は可能です。

 

なので、未使用車を選ぶ際はまず「グレード」「ボディカラー」についてしっかりと探すこと、そして2トーンルーフやバックカメラなどのメーカーオプションがあらかじめ付いている車を選ぶことが重要となります。

 

ハスラーは軽自動車の中では若干高い部類ですし、値引き交渉も難しめとなります。簡単に格安購入したいなら、保証付きの未使用車を安く買うのも良いと思います。

 

未使用車は人気が高いので、いつでも在庫があるわけではありません。なので、できるだけ早めに依頼を行って、希望グレードの確保をしておきましょう。もし希望のグレードがなくても、早めに依頼しておくことで、「見つけ次第連絡」ということが可能になります。

 

なびくる+の公式サイトはこちらです
https://a-navikuru.com/sale