ハスラーのライバル車を知ろう~競合の仕方~

ライバル車を知って効果的に競合しよう

ハスラーの値引きで有効なのはハスラー同士の競合、つまり異資本ディーラー同士の競合となります。なのでライバル車競合はいらないと思われがちですが、必要になるケースもあります。スズキディーラーもハスラー同士競合は多少警戒しているので、商談にライバル車の競合を持ち込むことで刺激を与えることができます。

 

ただ、ライバル車競合をする場合は、ライバルに使う車についても知っておかなければなりません。何も知らずに競合させても、「ではその車のどこが魅力ですか」と聞かれたときに言葉に詰まってしまい、単に競合させたいことがバレバレになってしまいます。

 

なので、商談を行う前にライバル車についてはしっかり学んでおきましょう。

 

基本はフレアクロスオーバーとの競合

 

ライバル車というよりは兄弟車となりますが、競合が有効です。フレアクロスオーバーはマツダが生産しているハスラーのOEMとなり、ほぼ同じ車です。なので競合相手として最適なのです。

 

同じ車なので、価格競争に持ち込むことができます。なのでアピールポイントは「価格の安さ」となります。マツダ側もフレアはハスラーに比べて不利なのがわかっているので、値引きが大きくなりやすいです。なので「近所のマツダディーラーでフレアクロスオーバーが値引きされた。価格が安い方で買いたいのでこちらも頑張ってほしい」などと言ってプレッシャーをかけましょう。

 

意外性があるのはコペンとの競合

 

ライバル車競合で効果があるのが「キャラかぶり」している車との競合です。ハスラーの場合、「他とは違うユニークな軽自動車」というキャラクター性があるので、同じくユニークなコペンとの競合は面白いです。

 

ただ、コペンとは価格帯が若干違います。コペンの方が価格帯は高いので、価格競争に持ち込むことはできません。なので、「コペンのデザインにも魅力を感じている。ハスラーがもう少し安くなればありがたいんだけど…」などと言って、ユニークな軽自動車が欲しいことをアピールしましょう。

 

また、あくまで飛び道具であることを覚えておいてください。基本はハスラー同士の競合、フレアとの競合となります。商談が煮詰まってしまったときに、刺激を与える程度の手法だと言えます。

 

他の軽自動車との競合は厳しい

 

軽自動車は他にもムーヴやタント、N-BOXなどいろいろな車種がありますが、そういった車種との競合はやや厳しいです。ハスラーはユニークなのがキャラクター性なので、一般的な軽自動車と競合させても「うちのハスラーのほうがユニークで面白いですよ」と言われて終わってしまう可能性が高いです。

 

なので、他の一般的な軽自動車との競合はあまり考えなくてよいでしょう。