ハスラーの開発目的とは?

人気のハイトワゴン軽にレジャーの楽しみが加わった

クロスオーバーSUVの味付けが付け加えられた軽自動車がハスラーです。レジャー用途にSUVが人気を集めていますが、SUVのような軽自動車があってもいいのではないか?というテーマから作られたと考えられます。

 

一見すると悪路走行が得意のように見えますが、同じスズキにオフロード仕様の軽自動車ジムニーがあります。なので悪路を主眼に置いた車とは思えません。ベースとなっているのがワゴンRなので、どちらかというと街中を走行する用途に悪路走行の味付けが加わった、「アウトドア寄りのタウンカー」という立ち位置でしょう。ユニークな見た目と裏腹に、バランスの取れた軽自動車を言うことができます。

 

なんといっても注目すべきなのはそのデザインです。SUVのような頼りがいのある見た目を持ちながら、どこかかわいらしい雰囲気を持っています。とくにカラーバリエーションが多いのが特徴で、2トーンルーフやパステルカラーも用意。そのため、アウトドア志向の男性だけでなく、若い女性にも人気があるのです。

 

エコの視点も持ち合わせており、エネチャージなどのグリーンテクノロジーを採用しているため燃費は約30.0km/リットルを達成。FFと4WDをラインナップしているので、アウトドア重視のユーザーでも満足できます。また、グレードによるインテリアやエクステリア、付属品の差もそれほどなく、そのぶんどのグレードを選んでも満足できるため、さまざまな層に強くアピールしているのです。